認知症予防の勉強会

セミナー・研修

2017年8月20日(日) 14時~16時(受付終了)

認知症予防セミナー

知的活動と認知症予防
  〜元気な脳をつくる、効率的な頭の使い方〜

セミナー・勉強会

■認知症予防の専門家が解説します

知的活動が認知症予防や症状の改善につながることは多くの人が感じているところです。

実際に若い頃の教育歴が長い人ほど、高齢期における認知機能の低下が抑えられることが、多くの調査研究から指摘されています。

とはいえ、過去の教育歴を今から変えることはできません。

ですが、年を取ってからの知的活動も、認知機能の低下スピードを遅らせるのに効果的という調査研究もあり、もう遅いとあきらめずに、今からでも知的活動に取り組むことが大切になります。

スポーツで体を鍛える際、効率的な方法があるように、頭の使い方にも効率的な方法があります。

効率的な頭の使い方とはどのようなものなのか、また、高齢者に人気な知的活動にはどのようなものがあるのかなど、今回のセミナーでは、知的活動の切り口から認知症予防について理解を深めていきます。

次にあてはまる方は是非ともご参加ください

  • 認知症予防について関心がある方
  • 家族や身近な人の認知症が心配な方
  • カルチャースクールで講座を教えている方

内容

テーマ 「知的活動と認知症予防〜元気な脳をつくる、効率的な頭の使い方〜」
(東京都健康長寿医療センター 飯塚あい先生)

我が国では、急増する認知症への対策として、認知機能の低下抑制を目的としたプログラムが数多く実践されています。特に、知的活動が認知機能に与える効果に注目が集まっており、いわゆる「脳トレ」が評判となっています。

頭を使えば使うほど認知症になりにくいというのは何故なのでしょうか? 頭を使うことが認知症対策として有効ならば、効率のよい頭の使い方とはどのようなものなのでしょうか? 頭を使うと、脳の中では何が起こるのでしょうか? 今回は、これらの事柄について詳しく解説するとともに、有効な認知症対策を一緒に考えていきたいと思います。

講師紹介

飯塚あい先生

飯塚あい(いいずか あい)先生

東京都健康長寿医療センター
社会参加と地域保健研究チーム 研究員ならびに内科医

埼玉医科大学医学部を卒業後、東京都健康長寿医療センターにて初期臨床研修を行い、東京都立神経病院 脳神経内科を経て現職に至る。現在は東京都健康長寿医療センター研究所にて、主にボードゲーム等の知的活動を活用した認知機能低下抑制プログラム、世代間交流プログラムの開発と、その効果評価に関する研究を行っている。専門は老年医学、公衆衛生学。

セミナー概要

日時 2017年8月20日(日) 14時00分~16時00分(開場13時30分)
  ※進行により終了時間が前後する場合があります
会場 LEC水道橋本校 研修室
千代田区三崎町2-2-15 Daiwa三崎町
アクセス JR「水道橋駅」徒歩3分
都営三田線「水道橋駅」徒歩5分
地図はこちら
定員 20名
参加費 夏の学び応援キャンペーン開催中!参加費割引!
・一般:2,000円
・認知症予防活動支援士認定登録者:1,000円 
・初参加特典:1,000円 ※はじめて参加される方のみに適用
運営 主催:一般社団法人元気人
共催:株式会社東京リーガルマインド

受付終了しました

■注意事項
会場受付の混乱を避けるために、事前のお支払いではPeatixサービスを利用しています。
お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は元気人事務局までご連絡ください。
電話:03-6441-0043(平日10時~18時) メール:info@genki-bit.com

お申込み後、キャンセルされる場合は、キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生します。
申し込み前に必ずご確認ください。
◎キャンセル料
・連絡なしの不参加:参加費の100%
・セミナー3日前~当日:参加費の100%
・それ以前のキャンセル:無料
  ※Peatixに由来するキャンセル手数料はご負担ください