認知症予防の勉強会

セミナー・勉強会

2017年7月15日(土) 14時~16時

認知症予防セミナー

社会参加活動による健康維持と認知症予防
  〜高齢者の孤立防止と生きがい創出〜

セミナー・勉強会

■認知症予防の専門家が解説します

認知症予防=運動や食事、知的活動というイメージがありますが、社会参加活動は認知機能の維持・向上につながることが知られています。

運動や食事などの認知症予防活動は、基本的に自分が自分のために行うものですが、就労やボランティアなどの社会参加を通じた認知症予防は、自分のためでありながら、社会貢献にもつながっています。

高齢者が社会参加活動に取り組むことは、高齢者自身の認知症予防や社会的孤立を防止するのに加え、地域社会が変わるきっかけになります。

また、「自分は人や社会の役に立っている」という実感は、自己効力感を高めたり、心の平安につながったりなど、精神面での効果も期待できます。

今回のセミナーでは、社会参加活動の切り口から認知症予防について理解を深めていきます。

次にあてはまる方は是非ともご参加ください

  • 認知症予防について関心がある方
  • 地域の社会参加活動に携わっている方
  • 家族や身近な人の閉じこもりや孤独が心配な方

内容

テーマ 「社会参加活動による健康維持と認知症予防〜高齢者の孤立防止と生きがい創出〜」
(東京都健康長寿医療センター 桜井良太先生)

外出して誰かとコミュニケーションをとるといった社会的な交流を行うことは、ヒトの社会生活の基礎となるものです。 このような社会交流を含む社会参加活動が健康状態に強く影響を与えていることが明らかになってきました。
社会参加していない、いわば社会的孤立がどのように認知症の発症リスクを高めるのかについて理解し、 社会参加活動を通じた認知症予防の重要性と可能性について考えていきます。

講師紹介

桜井 良太(さくらい りょうた)先生

桜井 良太(さくらい りょうた)先生

東京都健康長寿医療センター
社会参加と地域保健研究チーム 研究員

大学卒業後、東京都老人総合研究所(現東京都健康長寿医療センター研究所)にて介護予防の研究に従事。首都大学東京人間健康科学研究科修了。高齢者の安全な運動行動を阻害する認知的要因の解明を主な研究テーマとし、現在では歩行機能低下と認知症発症の関連性について研究を進めている。2015年American Geriatric Society New Investigator Award、2016年三井住友海上福祉財団奨励賞受賞。早稲田大学スポーツ科学学術院(日本学術振興会特別研究員)、ウエスタンオンタリオ大学(カナダ)客員研究員を経て現職。 専門は、老年学、公衆衛生学、認知行動科学。

勉強会概要

日時 2017年7月15日(土) 14時00分~16時00分(開場13時30分)
  ※進行により終了時間が前後する場合があります
会場 LEC水道橋本校 研修室
千代田区三崎町2-2-15 Daiwa三崎町
アクセス JR「水道橋駅」徒歩3分
都営三田線「水道橋駅」徒歩5分
地図はこちら
定員 20名
参加費 ・一般:4,000円  ※はじめての方は参加費1,000円になります
・認知症予防活動支援士認定登録者:2,000円 ※はじめての方は参加費1,000円になります
運営 主催:一般社団法人元気人
共催:株式会社東京リーガルマインド

受付終了しました

■注意事項
会場受付の混乱を避けるために、事前のお支払いをお願いしております(Peatixサービスを利用しています)。
お申し込み後に、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合は元気人事務局までご連絡ください。
電話:03-6441-0043(平日10時~18時) メール:info@genki-bit.com

お申込み後、キャンセルされる場合は、キャンセルポリシーに基づきキャンセル料が発生します。
申し込み前に必ずご確認ください。
◎キャンセル料
・連絡なしの不参加:参加費の100%
・セミナー3日前~当日:参加費の100%
・それ以前のキャンセル:無料
  ※Peatixに由来するキャンセル手数料はご負担ください