リリース情報

「認知症予防活動支援士・認定制度」事業が2015年5月25日からスタート

認知症問題に注目が集まる中、人々の健康増進と生活の質の向上に貢献する人財を育成

認知症予防の教育者を育成・支援する専門機関、一般社団法人元気人(福井県鯖江市、代表理事:吉田寿美)は、地域社会の健康増進に貢献する人材の育成を目的に、「認知症予防活動支援士の認定制度」を設立しました。

「認知症予防活動支援士・認定制度」は、認知症予防を単なる情報提供や知識の蓄積だけにとどめることなく、それらを地域レベルで確実に実践し、習慣化の領域まで導くことができる、インストラクター(指導講師)の育成を目的としております。

本認定講座は、地域社会での認知症予防活動において中心的な役割を担うインストラクターが身につけておくべき実践的な知識・技術を習得することができます。

本認定講座は、認知症予防分野で活躍する専門家の監修を受けて作成され、1級と2級の2段階に分かれています。

2級では認知症とその予防法、認知症予防プログラムの指導方法についての「知識」を習得し、1級では2級で取得した知識に加え、実践的な「指導スキル」を身につけることを目指しています。

「認知症予防活動支援士2級」の受講講座の提供ならびに申込み受付は、2015年5月25日(月)より開始し、「認知症予防活動支援士1級」の受講講座の提供ならびに申込み受付は、2016年春を予定しています。

==実施概要 ==

【 認定資格名 】 認知症予防活動支援士2級
【 受講受付開始日 】 2015年5月25日(月)
【申込方法】 一般社団法人元気人の公式サイトの専用フォームからのお申込み。

─────────────────────────────────────────────
■本件に関するお問い合わせ先
一般社団法人元気人 東京事務局 担当:向川 誉(むかいがわ たかし)
TEL:03-5918-9451(平日10時-18時受付)