【セミナー報告】認知症予防セミナー:社会参加活動による健康維持と認知症予防


2017年7月15日(土)に、LEC東京リーガルマインド水道橋本校(東京都千代田区)にて、認知症予防セミナー「社会参加活動による健康維持と認知症予防〜高齢者の孤立防止と生きがい創出〜」を開催しました。

セミナーの概要についてはこちらです。

まずは今回のセミナーの開催は、LEC東京リーガルマインド様のご協力をいただき、実現することができました。

ご尽力いただきました関係者の皆さまに深く感謝申し上げます。

一般社団法人元気人では、大学や研究機関に蓄積されている認知症予防の知見や最新の研究成果を、より早くよりわかりやすいかたちにして、認知症予防の現場で必要とする方々にお届けするべく、毎月セミナーを開催しています。

認知症予防の専門家として、東京都健康長寿医療センター 桜井良太先生をお招きし、「社会参加活動による健康維持と認知症予防〜高齢者の孤立防止と生きがい創出〜」というテーマでお話しいただきました。

桜井先生はお話の中で、

「社会的に孤立し、かつ閉じこもりの場合、死亡リスクが高まる」

「社会参加活動は自然と地域とのネットワークが構築されるので、道義的、社会的、生理的な面からその意義が大きい」

「社会的ネットワークがうまく構築できている地域は、総じて子どもからシニアの世代間交流が活発で、地域住民の健康度も高い傾向にある」

など、「社会参加活動」を切り口に、認知症に強い生活スタイルや地域づくりについて説明されました。

ご参加いただいた方にはアンケートをお願いしましたが、ほとんどの方からご満足の声をいただき、主催者側として大変喜んでおります。

当日ご参加いただいた方からは次のようなお声をいただいております。

—————————————————————————————————
高齢者の現状やそうした方への取り組みについて知ることができたので、よかったです
—————————————————————————————————
定年退職後の社会参加について考えるきっかけになった
—————————————————————————————————
認知症予防活動への参画を模索しておりましたが、お話は要点がわかりやすく、主題もしっかりとしていたと思います
—————————————————————————————————
ボランティア活動の大切さや実際に行われているボランティア活動を知ることができました
—————————————————————————————————

ご参加いただきました皆さまに改めて感謝申し上げます。

一般社団法人元気人は、地域の認知症発症を予防し、誰もが笑顔で元気に暮らせる社会を実現したいと考えています。

そのためには認知症予防に携わる人材育成が不可欠であり、今有益な情報をお届けできるように、今後もこうした勉強会を継続して実施する予定です。

開催中のセミナーについてはこちらからご確認いただけます。