3/12施行の改正道路交通法について医師からの声


75歳以上の高齢者が運転免許を更新する際は、
認知機能検査が義務づけられています。

3/12施行の改正道路交通法により、
認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判定されると、
医師による認知症の診断が必要となります。

その認知症の診断で、認知症とされると、
免許の更新ができなくなります。

法改正の前に、日経メディカル社が
認知症の患者を診療している医師2856人に
アンケートを実施しました。

認知症患者の免許、医師の6割「確認してない」
医師2856人に聞く「認知症と運転免許」(日経メディカル)

改正道路交通法の内容を知っているかの質問には、
32.5%の医師が「知らない」と回答。

医師への認知もまだまだこれからのようです。

また、運転免許更新に関わる
認知症の診断書を求められた場合の対応について、

・(初診でも)診断書を発行する 23.0%
・初診ならば他の施設を紹介  22.0%
・(初診・再診にかかわらず)他の施設を紹介 31.2%
・現時点ではわからない 23.9%

という結果でした。

特に地方で暮らす高齢者の中には、
認知症診断の結果によっては、
免許の更新ができない=生活が成り立たない人が

出てくることになります。

かといって、認知症がかなり疑われるのに、
認知症ではないと診断して、その後に事故が起こったとき、
診断した医師に責任が問われることも考えられます。

今回の改正道路交通法では、
認知症診断が免許更新の可否を握っており、
それを担当する医師の責任は重大となっています。

アンケートからは、

求められている社会的責任を果たそうとする姿勢と
その責任をどこまで負いきれるのかという重責の間で
悩む現場の切実な声が聞こえてきます。

法が整ったとしても、制度を動かすのは人です。

認知症問題をクリアーしていくには、
認知症発症者とその家族の声と合わせて

制度を担っている人たち(今回は医師)の声にも
耳を傾けていく必要があるのだろうと思います。

3/12施行の改正道路交通法により、認知症で免許更新が不可に


75歳以上の高齢ドライバーの免許更新が
大きく変わる改正道路交通法が3月12日に施行されます。

参考:認知症で免許更新不可、来月から(ヨミドクター)

75歳以上の高齢者は、
免許更新時に認知機能検査が義務づけられています。

改正道路交通法が施行される3月12日から、
認知機能検査の結果、「認知症のおそれ」と判定された場合、
医師の診断が必要となります。

受診した結果、認知症と診断されると、免許更新は不可能になります。

認知症は高齢になるほど発症リスクが高くなり、
高齢者の誰もがかかる可能性がある病気です。

まずは認知症予防の活動に取り組んで、
運転免許の更新条件を満たすためだけでなく、
自分と家族の人生の質(QOL)の観点からも、
認知機能の低下を少しでも遅らせることが大事になります。

車がなければ生活ができないという人ほど、
ときには車から降りて運動するぐらい
積極的に取り組むことが必要になってきます。

また、認知機能検査で
「問題なし」「認知機能が低下」と判定されている段階で
車に頼らない生活に向けて、準備を進めておくことも大事になります。

このときにも
自分と向き合って考えたり、家族や支援者と話し合ったりなど、
コミュニケーションが大切になります。 

認知症を発症してからでは、
新しい生活に切り替えることはなかなか大変です。

元気なうちであれば、
車に頼らない生活に切り替えられる柔軟性があります。

例えば、車を手放したときに困ることのひとつは買い物ですが、
高齢者がタブレットなどのICT機器を利活用できるようになると、
その一助になります。

しかも、高齢者にとって、
ICT利活用を覚えることは新しいことに取り組むことになり、
それは知的活動として認知症予防につながります。

改正道路交通法の施行は、国の決定事項ですから
自分のコントロール外の出来事であります。

もし、家族が認知症と診断されれれば、
強制的にその家族の免許は取り消しになります。

「車がないと生活ができない」
と文句をいっても仕方がありません。

そして、あわてて生活を変えようとしても、
取り得る選択肢は限られてきます。

認知症予防と将来への事前準備は
自分でコントロールすることができます。

早い段階から取り組まれるのをおすすめしますし、
家族や周囲の人と近々話す機会があれば、
一度話題に取り上げてみてはいかがでしょうか?


田川信用金庫様主催の認知症予防講演 大盛況のうちに終了


2017年2月7日(火)に、田川信用金庫本店(福岡県田川市)にて、田川信用金庫様主催の認知症予防講演を実施しました。

東京都健康長寿医療センターの鈴木宏幸先生が講師として登壇され、「今日からはじめる認知症予防」という題目で90分にわたり、エビデンス(科学的根拠)に基づいた認知症予防についてお話いただきました。

約60名の田川市民の方々がご参加され、講演の最後では「田川市を認知症ゼロの街にしよう」という決意表明が出されるほど、大盛況な講演となりました。

鈴木先生は講演会の中で、「認知症になってからの対処よりも、なる前の対処の方が大切で簡単」「生活習慣の意識を高めれば、認知症発症はかなり減らすことができる」「高齢になればなるほど、社会とのかかわりが大切で、人との楽しい交流は積極的に続ける」など、認知症予防の重要性とその具体的な方法をお話されました。

今回の認知症予防講演をきっかけに、田川市での認知症予防活動が活発化し、認知症ゼロの街田川市が実現することを期待しています。

当法人がまず目指しているのが、認知症に対してどのようにしていけばいいの?と不安を抱えている方々に、正しい認知症とその予防の知識を提供することで、まずは安心していただくことです。

認知症を100%避けることは、現代の医学では不可能で、全員が認知症を発症するリスクがあります。

ですが、認知症の発症を遅延させることは十分に可能です。

もし、高齢者の認知症発症を5年遅らせることができれば、認知症発症者は当初の予想よりも半減(約350万人減)するという試算もあります。

認知症に対する不安を解消し、人生の質を高めるために、認知症の正しい理解と予防方法を、当法人は広げていきたいと願っています。

今回の機会を与えてくださった、田川信用金庫の関係者の皆さまに感謝申し上げます。

—————————————-

一般社団法人元気人では、認知症予防講演会における講師の出張派遣を行っております。

認知症予防研究の専門家や講演歴豊富な認知症予防活動支援士などが、「物忘れと認知症との違いは?」「認知症予防のメカニズム」「認知症になっても、人生の質をさらに上げるには?」などを、最新の研究事例を踏まえながら、わかりやすくお伝えします。

認知症予防の講演会を実施するにあたり、講師をお探しの方は、認知症予防 出張講演のページまでどうぞ。