60歳以上の認知症予防:食事編その2


認知症の発症原因は、70近くあるといわれていますが、
割合ではアルツハイマー病と脳血管障害で約7割をしめています。

この2つの認知症の発症原因を回避することから
認知症予防はスタートするといえます。

近年の研究からは、脳血管障害だけでなく、アルツハイマー病も
運動や食事などの生活習慣が関係していることがわかっています。

生活習慣であれば、多くの場合でコントロールが可能で、
生活習慣を見直すことで、認知症に強い脳とからだ作りが達成されます。

とはいえ、認知症に強い生活習慣を確立するにあたり、
どこに比重を置くかは年代によって変わってきます。

今回も60歳以上が心がけたい「食事」についてみていきたいと思います。

中年期に限らず、高齢期においても
糖尿病は認知症の危険因子となっています。

アルツハイマー病を「脳の糖尿病」と呼ぶ研究者もいます。

そのため、血糖をコントロールする生活習慣が
認知症予防では大切になってきます。

血糖値が基準値以上に高くならないように心がけていきますが、
高齢者の場合、血糖値を下げ過ぎるにも注意が必要になります。

ちなみに、お父さんは健診時に
「HbA1c」という何かのパスワードみたいな
項目をご覧になりませんでしたか?

血液中のヘモグロビンのうち、糖と結合しているものを
「HbA1c」と呼び、この割合を調べることで、
過去1〜2ヶ月間の血糖値の平均を知ることができます。

HbA1cは、直近の食事や運動、ストレスなどによる影響を受けないため、
血糖コントロールの度合いを知る目安として用いられています。
(逆に血糖値はこれらの影響を受けやすくなっています)

つまり、付け焼き刃な取り組みはHbA1cの数値に反映されないため、
真面目に!?健康的な生活習慣を維持していたかがバレてしまうのです。

およそ6%までを正常としていますが、
高齢者で5.0%未満だと、社会への関心が落ちやすいとされています。

脳はほとんどのエネルギー源をブドウ糖に頼っているため、
糖質の摂取が不足すると、脳活動の低下につながるからです。

社会への関心が低下することで、閉じこもりや不活性な状態を招き、
また、そうした状態がさらに社会への関心を低下させるという
負のスパイラルに陥りやすくなります。

そして、ゆくゆくは認知症になる可能性が高まってしまうのです。

糖質のとり過ぎはよくありませんが、とらないのもリスクがあります。

以上を踏まえますと、60歳以上の食事としては、
適度な糖質を含めたバランスのよい食事を心がけたいところです。

また、食事は食べる喜びや家族団らんにつながっていますので、
味わい楽しむ視点も忘れないようにしましょう。