認知症予防に関するおすすめの書籍


4人に1人が65歳以上の高齢者がしめる日本では、
高齢者をめぐるさまざまな問題が生じています。

その問題の一つは、認知症の増加と介護の問題です。

ですが、この問題の深刻さに反比例しているのが、
当事者の認知症や介護に関する知識や理解と思います。

「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」という
孫子の兵法でとても有名な言葉がありますが、
認知症や介護についてもあてはまります。

認知症や介護の問題について適切に対応するには、
これらについての正しい知識や理解が不可欠です。

それを手助けしてくれる書籍をご紹介したいと思います。

トップ専門医の「家庭の医学」シリーズ
『スーパー図解 認知症・アルツハイマー病』。

認知症という病気のメカニズムから、
予防、早期発見のサイン、治療法、
安心して暮らすための介護のコツまで
網羅的に取り扱っています。

そして、書籍の構成が、
カラーの図解と平易な文章からなっており、
認知症のことがわかりやすくまとめられています。

そのため、文字を読むのがちょっと苦手という方は、
パラパラと図解ページから読むとよいでしょう。

また、本書からは認知症予防を考えるうえで、
2つの大事な視点(思考パターン)を得ることができます。

ひとつめは「認知症は先手必勝であること」。

武道でもビジネスでも、必敗のパターンがあり、
それは「後手に回る」ことです。

認知症においても例外ではありません。

認知症において対応が後手に回りますと、
こちらのペースで動ける範囲が狭くなるため、
質と量において、選択肢が限られてしまいます。

そして、対応が後手に回る大きな理由は
情報不足と(偏見からの)間違った判断によります。

本書は、東京都健康長寿医療センターの医師が
執筆と監修に携わっています。

本書をとおして、エビデンス(科学的根拠)に基づいた
認知症の知識と理解を得ることができます。

そして、ふたつめの視点は、
「認知症は誰でもなる可能性があること」。

つまり、自分や家族の認知症発症を
あらかじめ想定しておくということです。

加齢が認知症の大きな危険因子である以上、
長生きをすれば、誰もが認知症にかかる可能性があります。

年齢別の認知症の割合を調べた統計データによると、
85歳〜89歳で約40%、90歳〜94歳で約60%、
95歳以上で80%とあります。

その意味では、どれだけ認知症予防に努めたとしても、
認知症にかかる可能性はあり、認知症発症を想定しておくことも
大事になってきます。

自分も家族もいつかは認知症を発症するかもと
想定しておけば、将来の介護に備えて、
早い段階から準備を行うことができます。

本書には、認知症のサインやその治療、
介護が必要になったときの対処法が
わかりやすくまとめられています。

認知症の人の言動や行動を知っていれば、
無用な混乱や困難が避けやすくなります。

親の認知症が心配な家族の方も、
また自身のもの忘れが気になる方も、
本書を手元に置いておかれるのをおすすめします。

家族間に認知症に関する共通の知識や理解があることで、
予防や治療、介護はよりスムーズなものになっていきます。

———————————————-

———————————————–

◆目次◆

第1章 認知症は先手必勝―シグナルチェックと予防法
第2章 正しく理解しよう、認知症
第3章 認知症の最新治療
第4章 認知症の家族とともに生きる

———————————————–