親子間における認知症リスクの関係性


「血は水よりも濃い」ということわざがありますが、
親子間の関係は深く、何かと子は親に似るものです。

こと認知症ではどうでしょうか?

親の認知症は子にも影響するのでしょうか?

オランダの研究者らによる調査研究は、
興味深いことを報告しています。

平均年齢64歳の2,087人を対象に約12年の追跡調査を行い
認知症リスクと親の認知症歴との関係を調べたところ、
以下のことがわかりました。

・親が80歳未満で認知症と診断された子の認知症リスクは高い

・認知症につながる脳血流の低下や脳の病変と
 親の認知症歴は関連していた

・親が80歳未満で認知症と診断されていた場合、
 子の認知症診断時の年齢は、親の場合と強い関連があった

・親が80歳以上で診断されていた場合、
 親と子の認知症診断時の年齢について
 特に目立った関係は見出されなかった

これらの研究結果を踏まえて考察しますと、
認知症に影響する「遺伝子」と「環境(生活習慣)」を
子は親から受け継ぐせいかもしれません。

まず子は両親から半分ずつ遺伝子を受け継いで誕生し、
親の生活習慣は子に影響を与えます。

同じ遺伝子を持った親子が似た生活習慣を送ることで、
認知症の発症時期が似てくるものと思われます。

ただ、一卵性双生児を対象にした研究などは
遺伝より生活習慣のほうが認知症の発症リスクに
大きな影響を及ぼしていることを示しています。

また、認知症の原因の7割近くを
アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症が占めていますが、
いずれも「生活習慣」が大きく影響しています。

研究が進むことで、親子間で認知症リスクが関連する
詳細なメカニズムが解明されてくると思いますが、
認知症への生活習慣の影響は軽視できるものではありません。

認知症予防においては、ことさらに遺伝を気にするよりも、

◎親が早くに認知症になった
 →子は生活習慣を改善することで、認知症を遅らせる可能性あり

◎親が晩年に認知症になったもしくはならなかった
 →子はそのことに慢心せず、生活習慣を見直してみる

と捉えるほうが、認知症予防に近づくと思います。

「子は親の生き様から学ぶ」といいますし、
生き様は資産家や事業家でなくても誰でも残せる遺産です。
(生き様の場合、争続も起こりません)

ご自分が認知症予防(生活習慣の改善)に取り組む姿は
わが子によき影響を及ぼし、認知症予防にもつながることでしょう

————————–
【文献】
Frank J Wolters, et al.
“Parental family history of dementia in relation to subclinical brain disease and dementia risk”
Neurology. vol.88, Issue17 (2017)