ダイエット飲料がもたらす認知症への影響


最近の健康志向から「ダイエット飲料」が
多く販売されています。

ダイエット飲料とは
砂糖の代わりに人工甘味料を使用して
甘みがあってもカロリーがとても低いことが
特徴の清涼飲料水です。

ちょっと気分転換したいときなどに
飲んでいる人もいることでしょう。

ただ、認知症予防の観点からすると、
ダイエット飲料は飲み過ぎないほうがよさそうです。

米ボストン大などの研究チームは、
砂糖と人工甘味料がそれぞれ入った飲料が
健康にどのような影響を及ぼすのかを調べました。

研究対象は米マサチューセッツ州フラミンガムの住民で、
その対象者数は、脳卒中では45歳以上の男女2,888人、
認知症では60歳以上の1,484人でした。

食生活などを質問し、その後10年間にわたって、
どのような人が脳卒中や認知症を発症したのかを調べたのです。

年齢や性別、遺伝などの影響を差し引いて、
ダイエット飲料を1日1回以上飲んでいた人と
全く飲まない人とを比較しました。

すると、前者は後者よりも脳卒中や認知症のリスクが
3倍近く高いことがわかったのです。

ダイエット飲料を日常的に飲んでいる人は
将来認知症になる可能性が高いといえます。

ただ、今回の研究だけからは
ダイエット飲料と発症リスクとの関係が
因果関係なのか相関関係なのかまではわかりません。

つまり、ダイエット飲料を飲むことで
発症リスクが高まるのか(因果関係)

発症しやすい要因(生活習慣など)をかかえている人が
ダイエット飲料を好んで飲んでいただけなのか(相関関係)

まではわからないということです。

とはいえ、この調査研究を踏まえて、
ダイエット飲料との今後の付き合い方は
考えていく必要があります。

ダイエット飲料でなければ、
喉の渇きを満たせないわけではなく、
ほかにも飲み物はたくさんあります。

緑茶やコーヒーのように予防効果が期待できると
指摘されているものもあります。

ダイエット飲料はできるだけ制限して、
水やお茶、コーヒーなどを飲むほうが
認知症予防の観点からは勧められます。

ちなみに、米ボストン大などの研究では、
砂糖入り飲料を飲んでいる場合とそうでもない場合を比較したとこ
目立った影響は見られなかったとしています。

ただ、砂糖の取りすぎは、
肥満や糖尿病などの生活習慣病を招きますが、
これらは認知症の発症リスクを高める危険因子です。

ダイエット飲料から砂糖入り飲料への切り替えも
控えたほうが無難かと思います。

これから暑くなる季節ですが、
夏の甘い誘惑には注意したいところです。

————————–
【文献】
Matthew P. Pase, et al.
“Sugar- and Artificially Sweetened Beverages and the Risks of Incident Stroke and Dementia”
Stroke April (2017)